ネットワークエンジニア5年目のキャリアパス

ネットワークエンジニアとして、5年近く経験を積んでくると、「もう、ある程度の業務は一人でもこなせるようになっている」という方が多いと思います。5年目となれば、自分の仕事にも自信を持っている方が多いでしょう。しかし、次のステップへ進むためにはやはり新たなスキルを身に着けておくことが必要です。

では、ネットワークエンジニア5年目にはどういったスキルを身に着けておくと良いのかについてご紹介しましょう。ネットワークエンジニアとしての経験を積んでくると、3年目以降には構築や保守といった仕事をしてきた方も多いと思います。そして、その後は設計や提案といった業務なども欠かされることになるでしょう。「今までは、スムーズに仕事が出来ていたのに、設計や提案の業務を任されてから、自信をなくしてしまった」と感じている方も多いのではないでしょうか。設計や提案という仕事は、技術力があれば良い仕事が出来るわけではありません。クライアントからどういった意向があるのか聞きだし、それをしっかりと取りいれた提案を行っていけることが必要です。そのためには、高いコミュニケーション能力が問われることになるでしょう。的確な分析を行い、提案を行っていくことが必要となりますから、クライアントといかにコミュニケーションを取り引き出せるかが必要となってきます。また、5年目以降ともなれば、チームの責任者的存在ともなりますから、チームをまとめることも求められるでしょう。後輩なども入ってきているでしょうから、後輩の育成なども行うことが必要となります。

このように、ネットワークエンジニア5年目ともなれば、技術力だけではなくプラスアルファのスキルが求められることになります。年数が増えるごとに変化しつづけることができるかどうかは、日頃の業務への向き合う姿勢に加え学ぶ意欲も関わってきます。スキルアップを図りながら将来のビジョンをぜひ描いていきましょう!さまざまな選択肢を含むキャリアパスへのヒントとなるサイトをご紹介します☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です